お問い合わせへ

「レンタルドレス」は在庫管理と返却日機能がポイント!
レンタルドレス・衣装(着物・コスプレ)向けのSEO・WEB制作の内容・料金

フォークラス編集部
「レンタルドレスやレンタル衣装(振り袖・コスプレ)」の店舗のWEBサイトや、宅配オンラインレンタル型のWEBサイトSEO・コンテンツ制作をする場合のポイント、料金・見積り金額などをまとめました。「レンタル」のシステム・サイトの作りは同じなので「レンタルドレス」を例にしてご紹介します。EC-CUBEとwordpressで作成した制作実績のあるシステムをご提案することで、新規で制作会社に依頼するよりも初期費用を抑えてご提案できます。

「レンタルドレス・衣装(着物・コスプレ)」のウェブサイトは「わかりやすさ重視」

「素敵なドレスを安く着たい!」というニーズに応える

レンタルドレスは、主に結婚式やパーティ向けに一時的にドレスを借りたい女性向けのサービスです。デザイン・素材の優れたパーティドレスは高額です。しかし、結婚式やパーティなどの着る機会は限られます。また、体型変化や流行・おしゃれの観点からも同じドレスを着るよりも様々なサイズ・デザインのドレスを着たいものです。

様々なブランド・デザイン・流行・色・サイズなどから、購入するよりも安く、ドレスを利用することがレンタルドレスサービスのメリットです。

レンタルの方式は3種類

レンタルの方式が三種類あります。来店してドレスを選んでもらう「店舗型」、オンラインで注文し宅配する「オンライン型」、両方をあわせた「店舗・オンライン型」があります。

店舗型は訪問者に来店予約をしてもらうことがサイトの目標となりますが、オンライン型はECサイトのように会員登録やレンタル申込みがサイトの目標となります。

ファッションECサイトよりも、わかりやすさ・使いやすさが重要

ファッションECサイトよりも利用頻度が低いレンタルドレスのサイトは「好みのドレスがあるか(ありそうか?)」「探しやすいか?」「サービスが明確か?」「安心できるか?」など、「わかりやすさ・使いやすさ」を特に重視するべきです。

大きな画像や、印象的なフレーズでサイトのイメージを伝えるよりも、まずはとにかく好みのドレスに出会ってもらうように、誘導することを優先します。

「レンタルドレス」の顧客層

レンタルドレスの利用者は様々な年齢層の女性ですが、特に20歳~35歳は友人の結婚式に出席する機会も多いため、レンタルドレス利用者が多い世代です。

「レンタルドレス・衣装」のサイト制作で考慮するSEOキーワード

レンタルドレスを利用するユーザーは下記のキーワードカテゴリが考えられます。
  • シチューエーション(披露宴・二次会)
  • デザイン(ワンピース・オフショルなど)
  • ブランド名
  • 価格帯
  • 自分の情報(サイズ・年齢・妊娠有無)
  • 試着する場所(東京、池袋、新宿)
  • 店舗の属性・サービス(オンライン・交換無料・宅配・当日発送など)
  • ※詳細なキーワードはサイト制作時にコンサルティングいたします。
SEOキーワードの探し方
キーワードは下記の流れで設定します。
  • ツールなどを使ってキーワード候補をリストアップ
  • 実際の検索結果を確認して、競合と検索の意図の大枠を確認
  • ユーザー目線でどんな人がどんなときにそのキーワードで検索するか設定
  • 検索回数や競合度合いをを含めて優先順位をつける
  • 自社のリソースや判断し制作するコンテンツパターンを企画

コンテンツ戦略

レンタルドレス店舗は、ドレスというコンテンツが有り、また顧客が多くいるためコンテンツ制作コストが非常に低いサービスです。
キーワードの幅も広いため、継続的にコンテンツを作ることで、検索エンジンからのアクセスを見込むことが可能です。

重要なのは「どのキーワードをどのコンテンツでアクセスを獲得するか?」です。実際にキーワードを検索したときに表示されるコンテンツなどを確認し、相性の良いコンテンツパターンを企画し、継続的に制作する必要があります。

制作コンテンツ例

  • ドレスの情報
  • コーディネート提案
  • 着こなしノウハウ
  • シチュエーションごとのドレス提案
  • お客様の声
  • ※詳細の部分はサイト制作時にコンサルティングします。

レンタルドレス独自のサイト機能

レンタルドレスは、店舗型のみの場合「ドレスの選択」「試着予約」などが中心ですが、オンラインと宅配でレンタルをする場合は、単なる販売のファッションECサイトは違い「到着日」「利用日」「返却日」の管理が必要です。また、「在庫の増減」などの販売以外のカスタマイズが必要となり、通常のECサイトよりもウェブサイト制作予算が増えます。

またオプションとして「買い取り選択機能」などもあります。

フォークラスのウェブ制作提案

レンタルドレスのサイトは、十分な機能で制作する場合、通常のEC機能に加えてカスタマイズが必要です。また、使いやすさや、客単価向上のために、合わせ買い提案などの、通常のECサイト向けのカスタマイズも重要です。

フォークラスでは、過去に制作した企画や機能カスタマイズを活用してご提案・制作することで、機能の開発部分の制作コストを分担し、初期費用を通常の半額程度でサイト制作を提案しております。

また、機能の継続的な改良も複数社様に提供することで、コストパフォーマンスの高い運用を提案しております。

「レンタルドレスサイト」で追加したいカスタマイズ機能一覧

こちらではフォークラスが制作において、レンタルドレス会社様向けにカスタマイズした機能をご紹介します。

レンタル機能

  • お届け日、返却発送予定日
  • 商品別のレンタル期間・クリーニング期間設定
  • 日程からのレンタル可能商品検索機能
  • 利用日(+クリーニング期間)のみ在庫減少
  • 中古買い取りオプション機能
  • 定価表示(買うとしたらこんなに高額なんだよ!)機能
  • お急ぎ便対応
  • (無料・有料)交換機能
  • 商品状態の評価・機能
  • 在庫がどの店舗・倉庫にあるかの情報

販促機能

通常のECサイトのように、売上の向上を促進する機能です。
  • オススメランキング・レンタル数ランキング
  • パッケージレンタル(1レンタルで複数在庫が連動処理)
  • オススメ機能(カートに入れた商品に合わせて、提案)
  • コーディネート提案機能
  • 消耗品販売(ストッキング・ご祝儀袋など)機能

ご参画いただけましたら幸いです。

「レンタルドレス」のWebサイト、SEOコンサルティング料金・見積もりイメージ

オンラインレンタル機能はECCUBEをベースとして、店舗機能はwordpressをベースとします。

■初期費用(オンライン宅配機能あり):260万円~
  • サイト企画・ディレクション:40万円
  • SEO企画:15万円
  • コンテンツ企画・サンプル制作:20万円
  • デザイン:25万円
  • フロントコーディング:20万円
  • バックエンドコーディング:20万円
  • 動作検証・テスト:20万円
  • レンタル機能カスタマイズ:50万円
  • その他販促機能カスタマイズ:50万円
■月額:5万円~


■初期費用(来店のみの場合):160万円~
※開発実績のあるシステムに関しては割安にて提案しております。予算に応じて、初期開発のボリュームを抑えたり、分割払いなども対応可能です。
フォークラス編集部
フォークラス編集部は、1,000名以上の登録ライターとともに日夜コンテンツを企画・制作しています。 大手メディアのニュース、インタビューから、企業のコンテンツマーケティング、WEB制作、メディア運営をサポートしています。