お問い合わせへ

キミが書いた記事はキミに著作権があるということをキミは知っているか?

大橋博之
他の人の書いたものには著作権がある、ということは認識していても、自分が書いたものは自分に著作権がある、ということをWebライターはあまり意識していないようだ。

著作権のことも知っておこう

著作権とは、端的に言うと「書かれたものには、それを書いた人に権利がある」ということだ。
つまり、雑誌や書籍、Webに書かれていることは総て書いた人がいて、それは書いた人(もしくは企業、団体など)に著作権がある、ということ。
だからあなたがもし、雑誌や書籍、Webなどから引用を超えた扱いでコピペして記事を作成したとしたら、それは著作権の侵害ということで訴えられることがある。

というのはよく聞く話。
この、他の人の書いたものには著作権がある、ということは認識していても、自分が書いたものは自分に著作権がある、ということをWebライターはあまり意識していないようだ。

ただし、Webメディアの場合、Webライターが書いた記事はその著作権をWebメディアを運営する企業、団体に帰属させることが多い。

理由その1

その最大の理由は記事に手を加えることがあるからだ。
誤字脱字、表記間違いという基本的なこと以外にも、SEO的な見地や企業の都合から修正しなければいけない場合もある。多くのWebメディアの場合、Webライターへの断りをまたずに独断で修正してしまう。

もちろん、修正はWebライターに確認してもらうのがベストなのだが、過去にアップした記事を修正することもある。そんな時、Webライターに確認するのでは手間がかかるだけ。また、連絡の取れなくなっているWebライターがいた場合、とても困ることとなる。
そんなときのための処置なのだ。

理由その2

自分の書いたものに著作権がある、ということは、その書いたものを再利用できる、ということでもある。
たとえば、A社で書いた原稿をB社から書籍として刊行してもかまわない。
また、B社で刊行した書籍をC社から再刊することもできる。
※ただし、B社が再刊を断り契約が解除された場合のみ。
そんなことが出来るのは著作権が作者にあるからだ。
ただし、これはペーパーメディアの場合だけ。

Webメディアに掲載したものはたとえ、自分の記事であっても他のWebメディアに再利用することは出来ない。
なぜなら、Webメディアに掲載されたものは半永久的に掲載され続けるから。
もし、まったく同じ記事、もしくは半分近くが同じ文章の記事が別々にあった場合、それらはコピーコンテンツと評価されてしまい、最悪、両方の記事が検索しても見れなくなる場合もある。せっかく書いた記事が誰にも見られないのでは書いた意味もない。

今後のWebメディアに即した著作権に注目

ペーパーメディアと違ってWebメディアの場合は、著作権の扱いが違ってくる。
今後、Webメディアに即した著作権が整備されることと思う。
そんなわけでWebメディアの場合、自分自身の著作権についてあまり考える必要はないとはいえる。でも、著作権は権利。知っていた方がいい。

Webメディアに掲載されたものは他のWebメディアに再利用することは許されない。しかし、たとえばペーパーメディアに掲載するのは許されると僕は解釈している。
または電子書籍として刊行することもあり得ると思う。
今後のWebの発展とともにどんなケースが生じるかは誰にも予測できない。
必要な場合は、Webメディアの運営サイドと調整することをお勧めする。

大橋博之
フォークラス・メディア編集部【ライター・エディター・プランナー】『Webライター入門』(技術評論社)を監修。著書に『SF挿絵画家の時代』(本の雑誌社)、『心の流浪 挿絵画家・樺島勝一』(弦書房)などがある。 twitter@garamonmini
この記事が気に入ったら
「いいね」をお願いします!