美容医療クリニックのウェブサイト制作構成のポイント

弊社では美容医療のコンテンツ制作をしており、WEBサイトの制作チームに入ることもよくあります。(代理店経由なので、お名前は割愛にて!)

その経験から美容医療クリニックのウェブサイト制作・ホームページ制作についてのノウハウやポイントをご紹介しますね。

美容医療のウェブ制作のポイント3つ

  • wordpress必須
  • 発信コンテンツの企画
  • 美容医療のサイト制作・コンテンツ制作をやったことがあるところに依頼

wordpress必須

これはwordpressじゃなくても良いのですがCMS(コンテンツマネジメントシステム)似て制作しましょう。

あ、嘘です。wordpress以外で提案してくる会社は、なんか特殊な事情があるので、弱みを握られていない限りはwordpressで作ってもらいましょう

wordpressはサイト更新を楽にしつつ、サイト内のコンテンツをカテゴリでまとめたり、関連づけて表示できます。

wordpressを使わないと「施術や内容・価格の変更したときに掲載されいるページすべてを修正する地獄」が待っています。

他にもwordpressのメリットは100万個くらいあるのですが、上記がぶっちぎりでやばいのでここに共有しておきます。

安いからと言ってwordpress以外を提案してくる会社は本質的に御クリニックの将来を考えていないので、秒速で候補から外しましょう。

発信コンテンツの企画と開発

ホームページは作って終わりではありません。真っ当にウェブマーケティングをするならば、更新とコンテンツの作成が待っています。

wordpressでは、最初から「投稿(ブログなどで利用される)」という、コンテンツを追加して行く機能がついているのですが、「カスタム投稿」機能で開発することで様々なコンテンツをブログのように追加・更新できるページにできます。

美容医療クリニックの更新コンテンツ

美容医療クリニックなら下記などがカスタム投稿を利用した方が良い、更新系コンテンツですね。

  • お知らせ
  • 直近のカレンダー
  • 症例
  • キャンペーン
  • イベント
  • パッケージ
  • 施術
  • マシン
  • コラム(コンテンツマーケティング用)
  • ブログ(医院・医師別)
  • クリニック医院情報
  • SNS発信アーカイブ
  • 広告用LP
  • 医師・看護師・スタッフ

更新系で管理したい項目は上記となります。他の業種であれば、お客様の声とかもあるのですが、クリニックは医療広告ガイドライン的にNGなので、こんなところです。

上記をカスタム投稿で作成することで「ヒアルロン酸のコラムや症例ページの下に、対応する施術やイベント、最新キャンペーンを表示する」などの「興味がある人にサービスを提案する」という、まさにサイトの目的である集患の一番ミソの部分が実装できます。

wordpressを使わないと、新しいものが出るたびに全ページ更新したり、特定のファイルをコピーして設置したり技術が必要なので、誰がやるにしてもコストがかかるか、特定の人に依存し続ける体制になります。つまり、wordpress最高。

今はキャンペーンとかやっていなかったとしても、サイトを作るときにこういった更新・発信系のものをまとめて、考えておいたほうが良いでしょう。

不要なものを開発する必要はないのですが、余裕があればやっておいたほうが良いコンテンツが多いです。初期予算には入れずに追加していきましょう。

美容医療のサイト制作・コンテンツ制作をやったことがあるところに依頼

上記の様な構造やシステムなどを、一度作ったことがある会社に、おまかせで依頼するとで企画・開発費用などが100万円単位で浮いて良いものが手に入ります。

美容医療クリニックのサイト制作経験があり、運用もすでにしているところであれば、運用から出た課題や、先取りした業界のトレンド情報なども入ってくる立場でしょう。

だいたい、どの業種もサイト構造や構成は、ウェブマーケの定石をわかる人が、業界TOP10までをざっとみて、いいとこ取りするのが一番コスパが良い方法です。

業界TOP1ならめちゃくちゃお金をかけて、新しいメソッドや発明を盛り込みましょう(すぐ真似されますが)。

あとは、医療広告ガイドラインも精通していないと、企画したもののダメだったとか、当局に突っ込まれるサイト内容になってしましまいます。こちらもチェックしましょう。

まず作って、良い企画や想いを取り入れる

アイディアや、企画は出た時点では、良し悪しはわかりません。薬の開発と同じですね。

「同じ条件で比較して良い方を選択」

というABテスト、PDCAが非常にやりやすいのがウェブの特徴です。もちろんその測定・分析・企画にもノウハウ・コストが必要ですが。

まず、経験者に70点のものをコスパよく作って、「サービス内容」「運用量・スピード」「トレンド把握」で勝負するのがどの業種でも、一番勝ちに近い方法です。

person
編集部
フォークラス運営
フォークラス編集部は、ウェブメディアでの取材記事制作を承っております。インタビュー・全国の旅行スポットなどへの取材を全国2,000名のライターとともに行っています。オウンドメディア・メディアの記事制作はフォークラスにおまかせください!

関連記事

レンタルドレス・衣装(着物・コスプレ)向けのSEO・WEB制作の内容・料金
2022.9.10
不動産投資物件販売会社のWEB制作・SEOのポイント・見積もり料金
2022.9.10